音楽教室を、駅名とキーワードで探せる! → 今すぐオンラインで体験予約できる!

音楽教室・音楽レッスン.Starting.jp >  道具についてのアドバイス

音楽教室の先生が、「何をそろえればいいの?」に答えます。

道具についてのアドバイス

346 件中 1〜5 件表示
<< 前へ 次へ >>

レンタルよりもマイ楽器を持つことが望ましいです。何よりもマイ楽器への愛着は向上心を芽生えさせます。

サックスを購入する時、二通りの選択がありますがあなたはどちらのタイプですか?

◆「長く続けられるか不安」「サックスにばかりお金をかけていられない」~将来的な買い替えも視野に入れ、まずは10万円台程度の入門モデルからスタート。

◆「末永くやっていきたい」「どうせやるなら最初から良いものを」~ゆとりある予算で20万円以上の上位モデルを‘一生モノ’として購入。

一昔前はセルマー・ヤマハ・ヤナギサワが無難と言われましたが、最近では新規参入のメーカーが増え、質も向上しており、選択肢が豊富です。予算と演奏したいジャンルがある程度決まっていれば絞り込みやすいです。憧れのアーティストと同じものにしよう、見た目(ルックス・仕上げ)がカッコイイものにしよう~こんなミーハーな考えもアリです。

ただしあまりに安価なものはソプラノサックスの場合、ピッチ(音程)を合わせるのが大変になるので避けましょう。

マウスピースやリガチャーなども含め、購入前にお気軽にご相談ください。不安解消のためのアドバイス・情報提供はもちろん、楽器選定もいたします。値引き交渉もお任せください。慌てて買ってしまってから、こんなはずじゃなかった、と後悔しないようにしましょう。(札幌超高域 ソプラノサックススクール 講師 佐藤 智文)

 

(マイコのピアノ教室 講師 田辺 マイコ)

 

サックスを始めるにあたって、まず楽器は必需品です

サックスは声楽と同じで、大まかに『ソプラノ』『アルト』『テナー』『バリトン』という音の高さの違う楽器があります。

初心者には『アルト』か『テナー』をお勧めします。

それから、マウスピース(歌口)も必要です。
最初は楽器についているもので十分です。
マウスピースにも種類があり、ラバーやメタル、最近ではバンブー(竹)製のものもあります。
慣れてきたら、自分に合うマウスピースを探しましょう。

次に必要なもの・・・リードというマウスピースに付けて振動させる葦のようなものがいります。
このリードが振動することによって音がなります。
リードは消耗品ですので、定期的に交換が必要になります。
(ギターの弦のようなものですね)
こちらも色々なメーカー、厚さのリードがありますが、初心者にはクラッシック用の2半(21/2)~3番のものをお勧めします。

リードは当たりはずれがあります。
10枚買っても使えるものは1枚か2枚程度だと思ってください。

レッスンを通して、リードの選び方やマウスピースの選び方もアドバイスさせていただきます。

楽器店も20年来通いなれているお店がありますので、購入を希望される方は紹介・楽器の選定もいたします。

(TAK・サックススクール 講師 鈴木 琢也)

 

ドラムを始めるとき、まず必要になるものはスティックです。

楽器屋さんに行くとたくさんの種類のスティックがあり、その種類によって材質や形状が違います。

スティックを選ぶポイントとしてはまず自分に合っているか、ということが大事です。

とはいえ、実際ドラムを叩いてみないとわからないと思います。
なので初心者の方は、まずは標準的な形状のスティックを選んだほうが良いと思います。
VATER(ベイター)というメーカーの「8A」というスティックはオーソドックスでおすすめです。

ちなみに私は音楽により数種類のスティックを使い分けていますが、一番よく使っているのはVATER(ベイター)の「STUDIO」というスティックです。こちらも比較的オーソドックスな形状です。

レッスンではスティック選びについてもアドバイスいたします!(バシリズム・ドラムスクール 講師 船橋 洋史)

 

(ウダベーススクール 講師 宇田 憲明)

 
346 件中 1〜5 件表示
<< 前へ 次へ >>

これからはじめる方必見!!

初心者の方へ

みんなはどう思ってるの?

レッツ投票!

初めての音楽教室!あなたはどの楽器?

結果を見る>>

音楽教室検索